海技士(海技免状更新・大型船舶免許・船員関連手続)専門

海技士試験とは

大型船舶を運航するためには海技士の免許が必要です。
海技士の免許は航行する区域や船の大きさなどによって以下のように分かれています。

種別

海技士国家試験は、年4回各地方運輸局において行われており、試験の内容は、身体検査及び学科試験(筆記試験及び口述試験)があります。
受験資格は、資格に応じ、一定の年齢に達し、乗船履歴があることが必要です。この他に、海技士(通信)及び海技士(電子通信)の資格については無線従事者免許及び船舶局無線従事者証明書を受有していることが必要です。
また、各資格に応じて、国土交通大臣の登録を受けた海技免許講習を修了しなければなりません。

学科試験

  1. 海技士(航海)及び海技士(機関)の学科試験は筆記試験と口述試験です。ただし、六級海技士資格の学科試験は、筆記試験又は筆記試験と口述試験です。
  2. 海技士(通信)及び海技士(電子通信)の学科試験は筆記試験のみです。
  3. 筆記試験に合格しなければ身体検査及び口述試験は受験できません。
  4. 海技士(通信)及び海技士(電子通信)の学科試験は、身体検査に合格しなければ受験できません。
  5. 国土交通大臣により登録した船舶職員養成施設の課程を修了した者は、筆記試験が免除されます。
  6. 海技士(通信)及び海技士(電子通信)の資格についても、規定に応じて筆記試験の免除を受けることができます。

身体検査基準表

前記の疾病又は身体障害があっても、軽症で勤務に支障をきたさないと認められること。

受験資格

  1. 受験年齢
    海技士(通信)、海技士(電子通信)資格の受験に際しては17歳9月以上に達していなければ受験できません。
    ※海技士(航海)、海技士(機関)の資格について年齢制限は設けられていません。
  2. 乗船履歴
    学科試験を受験する場合には、一定期間以上、船舶の運航又は機関の運転等の職務に従事した経歴を有していなければなりません。ただし、海技士(通信)及び海技士(電子通信)以外の資格についての筆記試験のみを受験する場合は、乗船履歴を有していなくても受験できます。
    乗船履歴には試験開始期日の前五年以内のものが含まれていなければなりません。また、15歳に達するまでの履歴、又は試験開始期日から遡って15年を越える履歴は認められません。
    ※学校教育法に基づく大学、高等専門学校、海技大学校、海上保安大学校等を卒業し、その課程において試験科目に直接関係のある教科単位を一定以上修得した者については、乗船履歴の特例がもうけられています。
  3. その他
    海技士(通信)、海技士(電子通信)を受験する者は、電波法上の無線従事者の免許を受け、かつ船舶局無線従事者証明書を受有していなければなりません。

お申し込みはこちら

お問い合わせ先

その他の遊漁船業関連業務も取り扱い中!!

船員雇入・雇止手続き

船員法関連手続き

PROFILE -海事代理士の紹介-

海事代理士 松本 誠

当サイトを運営する海事代理士の松本と申します。
大型船舶免許に関する手続き・お悩みごとなどでお困りの方への手助けをさせて戴いております。
親身になってお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

船舶・ボート免許更新サイト

▲PAGE TOP▲

copyright © シーサイド海事法務事務所 all rights reserved.