海技士(海技免状更新・大型船舶免許・船員関連手続)専門

船員とは

船員とは、船の中で働いている人の総称です。
船員の職種としては、大きく分けて海技免状を持った職員と海技免状を持たない部員とがあります。
また、船員法等の法律により、船員の給料、労働時間、休日、有給休暇等が定められています。
船員になると、船員手帳を持つことが義務付けられ、船内で働く際には雇入契約等の成立届出の手続きが必要になります。

また、船に職員として乗り組むためには、船の大きさや種類、航行する区域に応じ1級〜6級までの海技資格が必要となります。

外航船員になるためには3級、内航船員になるためには4級の資格を取得するのが一般的となっています。

海技士資格を取得するためには、一定期間、実際に船に乗って運航や実習に従事した経験(乗船履歴)を積むほか、国家試験(学科試験と身体検査)に合格する必要があります。

お申し込みはこちら

お問い合わせ先

その他の遊漁船業関連業務も取り扱い中!!

船員雇入・雇止手続き

船員法関連手続き

PROFILE -海事代理士の紹介-

海事代理士 松本 誠

当サイトを運営する海事代理士の松本と申します。
大型船舶免許に関する手続き・お悩みごとなどでお困りの方への手助けをさせて戴いております。
親身になってお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

船舶・ボート免許更新サイト

▲PAGE TOP▲

copyright © シーサイド海事法務事務所 all rights reserved.